胃切除後のトラブル防止、食べ方リハビリ

胃切除後障害を起こさないようにするには、
トラブルを起こしにくい、自分に合った食べ方を身につけることがとても大切です。
食卓の名医™直伝の「食に対する工夫と挑戦」、
すなわち「食べ方リハビリテーション(=食べ方リハビリ)」について紹介します。

胃は「第二の脳」、おなかの司令塔

胃のはたらきは消化だけじゃない!

胃のはたらきは
消化だけじゃない!

食事のときは、脳から胃に合図が送られ、
さらに胃から消化、吸収に関わる臓器へ情報が伝達されます。
また、胃から分泌されるグレリンというホルモンは、
食欲を刺激するだけでなく、脳の視床下部から成長ホルモンを分泌させ、
心臓や筋肉の代謝にも関わっていることがわかってきています。

胃と脳の関係 胃と脳の関係

胃がなくなるということは?

胃がなくなるということは、各臓器の消化・吸収の連携や代謝のコントロールがうまくいかなくなるということです。それを補うためには「胃切除後に適した食べ方」を実践する必要があります。

代表的な胃のはたらき

胃が果たす役割

胃が果たす役割

胃がなくなることでおこりやすい症状

胃を切った後2~3か月間は、食欲や代謝に関わる様々なホルモンの分泌が低下し、
おなかの司令塔が充分に機能しません。

  • グレリン分泌の低下、
    小胃症状などによる

    食欲、食事量の低下
    逆流
    体重減少

  • 食べた物が充分に消化されないまま腸管に急速に直接流れやすくなることによる

    ダンピング症状
    腸閉塞

  • 体内の消化のリズムの乱れ、
    酵素の分泌不良などによる

    消化・吸収不良
    下痢、便秘

  • 鉄分やカルシウム、
    ビタミンB12吸収不良による

    貧血症状
    骨粗しょう症

  • 殺菌作用の低下に伴う
    腸内細菌叢の乱れによる

    免疫力の低下

  • 各症状の進行や
    筋力の低下などによる

    フレイルの進行
    老化の促進

明確な自覚症状が無くても、上記の症状が進みやすくなったり、胆石ができやすくなるなどの術後障害が起こり得ます。

「食べ方リハビリ」に必要なこと

術後まもなくの間は、食欲刺激を促せるような食べ方や、
トラブルを起こしにくい食べ方を見つけることが大切です。

バランスの良い食事を心がけましょう

とくに、ロゴの黄色部分部分やロゴの赤色部分部分が不足すると、体重が減りやすくなってしまうため、注意が必要です。

バランスの良い食事 バランスの良い食事
  • 分食を取り入れる

    胃を切除したことで1度に食べられる食事量が減少します。
    複数回に分け、2~3時間の間隔で摂取しましょう。

    分食
  • 微量栄養素の充足

    カルシウム、亜鉛、ビタミンD、ビタミンB12 、鉄が不足しないよう、成分栄養剤や栄養補助食品も活用しましょう。

    サプリ
  • 消化酵素薬の内服

    たんぱく質、脂質を吸収するために、消化酵素薬は必須です。
    必ず食事と一緒に内服しましょう。

    内服薬
  • 規則的な生活リズム

    適度な運動で筋力を維持し体重減少を防ぎましょう。
    規則的な睡眠は、食欲を起こすためにも重要です。

    生活サイクル

ポイント

食欲を大切に、食べたいと思うものを食べてみましょう。

見た目や味付け、香りも食欲を促すために重要です。

よく噛んでだ液と混ざり合うことで、食べ物がより消化されやすくなります。

水分は食べ物を腸へ流れやすくしますので、食事中の飲みすぎは注意です。

体重計測は、からだの栄養状態を把握するための有力な手段です。

エネルギー必要量の計算方法

活動量に応じて、あなたに必要なエネルギー量を計算しましょう。

活動量が事務仕事くらいの人は体重1kgあたり30~35kcal消費しますが、胃手術後の方は30kcalを目安にします。

必要エネルギー量の計算式 必要エネルギー量の計算式
監修:
青木照明 食卓の名医™ 監修医師/胃を切った友の会 アルファ・クラブ代表理事
責任・編集:
大久保あさ美 管理栄養士
出典:
「胃切除後障害ハンドブック 」「 胃を切った方の快適な食事と生活のために」
(「胃癌術後評価を考える」ワーキンググループ/胃外科・術後障害研究会)
「胃がん手術後の安心ごはん」「胃手術後の100日レシピ」(女子栄養大学出版)

食卓の名医™
消化にあんしん™シリーズについて

シリーズイメージ

食卓の名医™消化にあんしん™シリーズは、
あらかじめたんぱく質と食物繊維が分解されているため、
消化にやさしいお食事です

お料理は、お弁当スタイル
お届けします

お弁当の声 お弁当の声

食事のお悩み、専門家にご相談ください

食卓の名医™では、お食事に関する無料相談を受け付けています。
管理栄養士があなたのお悩みにお答えします。

  • 食後、お腹をこわしやすい
  • 術後も外食をしたい

など、どんなお悩みでも構いません。
お気軽にご相談ください。

栄養相談

カートアイコン

商品のご購入はこちらから

お弁当はおためしと定期コースからご購入いただけます。
定期コースについては、7食または14食からお選びいただけます。

おためしでご購入する方はこちらから

商品一覧へ戻る